自分のための運気

 

仏や神の障りと言って
依頼を受ける事がよくあるけれど

私たちの体には誰しも
少なからずそういった霊は
ついている。
先祖はどこにも行かないので。

それよりも怖いのは人の念
それこそ殆どの人についているって言っていい。
念ってのはその人の「強い思い」や「念」のこと・・・。
心配する心、妬み、怨みつらみ。
これらの思いは相手を苦しめる。。。
心配する心の裏側には「きっとうまくいかないから」というネガティブな
要素をひきつけてしまう
あまりにも心配する心は仇になってしまう。
妬み、怨みつらみは
自分の人生も狂わしてしまうことを
理解して欲しい
「あいつ気に入らないな。○○になっちゃえばいいのに」
誰でも一度や二度はそんな事を考えた事はあるはずだけど
それは仕方ないことでもあるから
厳しくは言わないにしても、その思いをいつまでも
抱かないこと。いつまでも根に持たないこと。
度を越さないこと。
何にでも加減があって、それを越すと問題が生じてくる
「人を呪わば穴ふたつ」とよく聞くが
他人を陥れればそれがいつか自分の身にも必ず跳ね返ってくる
この中の「穴」とは「墓穴」のことで
相手を埋める穴と自分を埋めるための穴とふたつ
必要になってくるぞということ。。。
知らず知らずに妬んでしまい
怨みとなって相手に念が届いてしまってるかも知れない

自分の人生をうまく生きたいなら
日頃から自分の思いに注意をむけてほしい。
こだわり「すぎ」ない
思い「すぎ」ない
それが「身のため」。。。

関連記事

メニュー

最近の記事

  1. 2022.08.18

    前を向いて
  2. 2022.08.11

    私たちの夢は
  3. 2022.08.2

    4日目だけど
PAGE TOP