記憶

私たちは

沢山の約束をして

その約束の幾つを果たしているのだろう。

思いを寄せる人の思いが

生きている者に

大切な家族に

一言伝えることが出来るなら

どうか泣かずに生きてくれと言う

自分の無念より

愛する妻へ

愛しい子たちへ

自分に対する悲しみは脇において

楽しみを見つけて生きて欲しいと言う

毎夜
涙をぬぐい
ため息を受け取って彼はそう言う

関連記事

メニュー

最近の記事

  1. 2023.01.28

    外は白かった
  2. 2023.01.7

    苦手な人参も
  3. 2022.12.3

    もう12月
  4. 2022.08.18

    前を向いて
PAGE TOP