更新記事

思いの架け橋

image

image

仏様の思いや

神様の気持ちを伝えるのは

理解して貰えるのは

なかなかむつかしい

初めて聞くことばかりで

それが本当なのかどうなのか

人はまだ来ぬ未来をいわれても

想像がつかないし

自分に見えないものへ

また自分がしてきたことではない事で

悩まされたりこまらされたりして

何故自分が先祖の霊を慰めなくてはならないのか

分からない。

見たことも聞いたこともない霊の

罪、過ちを何故

自分が返していかなくてはならないのか

分からない。

私たちは血の先祖の繋がり

血族の者は
過去の先祖の過ちを
償いながら生きている。

家族が他人に迷惑をかけたら
家族はその罪を償うよね?

それと同じなんだ。

人を陥れ

昔なら残虐に人を殺すことも良しとされた。

時代背景があり

人を殺しても
なにも咎めるものはなかった

位の高い者たちは人を殺しても当たり前

その罪がそのまま水に流れて消えてしまうことはないんだよ。

宇宙の法則は因果応報

その代が居なくなっても

その血を引くものが

返していかなくてはならないの

先祖の過ちは

私には関係ないと思っても

血の繋がりで見つけるとこができるので

どこに、隠れても通用しない。
血と言う印があるので
子孫が罪を償わない限り
子々孫々続くの

それが先祖の因縁なんだよ。

関連記事

お急ぎの方は、お電話にてどうぞ!
固定 048-745-2763
携帯 090-1883-8369

bnr_prof

最新更新記事

  1. 2019.1.12

    親切な心

カテゴリー