更新記事

出雲は神在月♪男神女神。神議り

25日出雲上空(^_^)v

大好きな須佐神社へ

ご挨拶

連れてきてくれた人が
私にゆっくり時間をくれてね
ゆっくりご挨拶しながら歩いていると

摂社の神様へご挨拶のとき
驚いたよ。

(私は必ず鞄を脇においてから手を合わせるのね
鞄をかけたままのご挨拶は横着だからね)
鞄をドンと置いたとき

カバンの横に

ピカピカと光った瑠璃色の蛇さんがじっと居る
カバンにも驚かず

そんでもってじっとこちらを見たままだから

私もじっと見ながら

まじまじとその綺麗な模様を見ましたが

宇宙の紺で

つるつるぴかぴか光ってて
模様が水中から水面を見たときのような模様で
それはそれは綺麗でした(^_^)
お見送りの神様。

↓こちらは
私に似ているので連れてきたかった~と

いうことで

来ました櫛稲田神社♪

確かに!

顔の丸いところ
頬高なところ等々
そっくりでございました(笑)
すさのおさんが

神あちらの方角から来るって
すさのおと繋がっていて須佐神社に、来る神様。
連れていってくれた人に方角を指差し
あっちの、方角にある神様のところへ連れていってと言うと
私にそっくりだから絶対に連れて来たかったのよ~と
櫛稲田神社に連れていって貰ったのだけど
まあこの石像は
櫛稲田神社の櫛稲田姫かしら?
とにかく似すぎてなんともですね

だからすさのおさん
行かせたんだわね(^_^)
待ち受けにしたらいいよと言うので

素直な?わたしは
即行自分の携帯の待ち受けにしました♪

櫛稲田姫から教わったのは
神議りのときは
女神は男神が帰ってくるまで
戸を閉め
静かに帰りを待つのだとか。

昔の女の人は本当に奥ゆかしくて
わきまえてて素敵だったんだなって思ったよ。

↓は

「命主の社(いのちぬしのやしろ)」

正式な名称は「神魂伊能知奴志神社(かみむすびいのちぬしのかみのやしろ)」で天地開闢(世界のはじまり)の造化三神の一柱、神皇産霊神(かみむすびのかみ)が祀られています。
巨岩の前に建てられていることから、古代の磐座(いわくら。神の御座所。自然の巨石をさす場合が多い)が神社に発展した例として貴重な神社です。



銅戈・硬玉製勾玉

寛文5年(1665)の出雲大社御造営にあたり、命主社の裏の大石を石材として切り出したところ、下から銅戈(どうか)と硬玉製勾玉(こうぎょくせいまがたま)が発見されました。

銅戈は銅鉾(どうほこ)、銅鐸(どうたく)と並んで弥生時代を代表する青銅器ですが、勾玉と一緒に発見されたことは注目されます。

銅戈は北部九州産、硬玉製勾玉は新潟県糸魚川産の可能性が高く、この時代に北部九州、北陸と交流があったことを物語っています。

2つの遺物は、天孫系三種の神器のうち、剣と玉にあたり(あと1つは鏡)、これが出雲大社の近くから出土したこともあって昭和28年(1953)に重要文化財に指定されました。
出雲大社の宝物殿に展示されています。(古代出雲歴史博物館にも複製が展示してあります)

☆出雲観光ガイドより引用

関連記事

お急ぎの方は、お電話にてどうぞ!
固定 048-745-2763
携帯 090-1883-8369

bnr_prof

最新更新記事

  1. 2019.1.12

    親切な心

カテゴリー