令和5年2月4日午前1時42分魂の記憶

燃ゆる若草の息吹よ
名もなき道の精霊よ
私たちの足もとを照らす光のものたちよ
今日も私を照らしておくれ
善い人間になるために力を貸してくれるなら
私はこの命を捧げて人を助けよう
もともと神から貰ったものは神へ返そう
心はすでに決めている。

誰かの余命わずかな魂の心の中
令和5年2月4日 午前1時42分
次に生まれ変わっても魂に刻み込まれる記憶

関連記事

メニュー

最近の記事

  1. 2024.01.21

    福というのは
  2. 2024.01.9

    能登の地震

アーカイブ

PAGE TOP