image

30日の夜に

一歩を撫でていたら喉の辺りで
ベタッとするものがあったの。

まさか!?と思って見てみると
半年以上前の手術のあとが裂けて大きく穴が空いている。

最後の手術の針金が喉の所だけなかなか肉が盛り上がらなくて針金が残ったままになっていたのだけど。

針金がちぎれたのは
喧嘩ではないようなので
それは良かったけど。

ジクジクしてて後何ミリ間違えば喉仏だったな。

本当にもう
心配ばかりかける一歩だけど
病院も年末で閉まっているし
レイキだなと思って
手をかざして3分ほど。

エネルギーが光の粒子で見えて
一歩の傷にどんどん入っていってる。
よし!大丈夫と確信して
手を放すととたんに痒くなったようで

傷が塞がってかさぶたとか痒くなるでしょう?

あの状態。

しかし容赦なく掻く。(笑)
カリカリガリガリ(~_~)

まあ治ってきている証拠だから一安心しましたが
速効お外へ出掛けました(笑)

次の日帰ってきてやはりレイキの凄さを実感。
傷の深さはほとんど無くなり
傷の大きさも半分以上塞がってる。

それを見てヤレヤレと思う私。

レイキがなかったら
きっと、一歩はとっくに命無かっただろうなぁって
一歩みてていつも思う。

先日も息子が
何だか頭が痛い!
まじ何だ?痛い!って言い出す。

たまたま前にいたので
どれ!といって手をかざし20秒。

ピタッと良くなりバイトに出掛けました。

薬要らず
副作用なし。

本当に助かっているレイキです。

ここのレイキがとても医療的なのは
特別に他ではないことのようです。

というのは
生徒の多数は他でレイキを習得して
使えなくて
またはちゃんと、伝授して貰えてなくて
その生徒たちから
聞くところにより
医療的なのはここのレイキだけの様なのです。